インターンシップ案内

保育園・こども園で働く

インターンシップのご案内

保育士養成校関係者および
学生の皆様へ

西宮市私立保育協会ではインターンシップを実施しています。

これは『保育士養成校の学生が短期間で保育士としての業務を幅広く体験する制度』です。

インターンシップにより、学生の皆様が保育実習を含めて、より多くの保育現場を体験する機会に恵まれることでより一層の知見を深め、あらゆる物事に対して柔軟に対応できる素地を形成していただけるものと考えています。

またインターンシップ制度を通して、就職のミスマッチ(学生の皆様の認識と職場の現実との乖離)の防止などにつながれば、保育園(所)・認定こども園にとっても、養成校・学生の皆様にとっても価値のある体験となることでしょう。

体験内容について

インターンシップ制度では、通常保育の中で0歳児から5歳児まで各年齢児の保育を体験してもらうことに主眼を置いています。

必修として行われている『保育実習』によって、学生は子どもへの理解を深め、技能や自身の保育感を高めることになりますが、一つの園で一つのクラスの実習だけでは、幅広く保育士・保育教諭の職務を経験できていません。

この制度を利用して、違う年齢や違う保育園・認定こども園での保育を見てもらいたいのです。

体験日数について

「原則3日間以上」と考えていますが、受入れ園の考え方や体験の実情、学生の皆様の授業などの時間的余裕にも充分な配慮が必要と思われます。

受入れ園と養成校、および学生との間で充分話し合って柔軟に日程を決定してください。

短大や専門学校においては、2年間という短い時間に多くのことを習得しなければならず、インターンシップに時間を割く余裕がないとのご意見も頂戴しております。

日数や一日の体験時間の短縮や変形(例えば、毎月1回又は週1回、時間帯も午後3時から職員が帰る時間まで、午前中だけ、午後だけetc.)なども視野に入れ、柔軟な制度として実施していきたいと考えています。

インターンシップ実施
保育園・認定こども園

求職者向け情報をご確認ください。

お問合せ

インターンシップに関するご質問等を受け付けております。

興味をもたれた方は下記までご連絡ください。

協会事務局
Tel : 080-2538-8016
Mail : info@nishinomiya-hoikukyokai.jp